MENU

キャッシングしていることを他人に知られるのでは、と心配している方へ

キャッシングを利用している人、あるいはこれから利用しようと考えている人の多くは、「キャッシングしていることを他人に知られたくない」という人がほとんどだと思います。特に、勤務先の会社、家族、夫や妻にバレないか・・・というのがイチバン心配なことだと思います。

 

実際にアコムやプロミスなど大手消費者金融などで借りる場合、審査の時には勤務先に在籍確認の電話がかかってきますし(「モビット」は電話連絡がありません)、家には契約した金融会社から郵便物が送られて来ます(郵送なしの会社もあります)。こういうことがあるからから、勤務先や家でキャッシングの利用がばれてしまうのではないか、バレるくらいならキャッシングはしない、という人も少なくありません。

 

しかし、その点では安心していただける状況になっていて、キャッシングやカードローンなどの各社とも、プライバシーを守るための対策は万全になっています。例を挙げると、在籍確認などで勤務先に電話を掛けるときは、オペレーターの個人名などを告げるだけで社名は一切名乗りません。仕事場の上司や同僚などに借金を申し込んでいることを気付かれない様に、十分に気を配ってくれているのです。

 

また、借入・返済の明細書はネット上で管理することにしておくことで、郵送物が自宅に毎月届けられないようにすることも可能です。もし郵便物が送られてくるような場合があれば、例えば別の会社名を印字してくれるなどの対応をしてくれます。さらに、キャッシングカードやローンカードを自宅に送ってもらいたくない場合は、自動契約機などを使って発行する方法をとるか、カードレスのローンを選ぶことで、対応できるようになっています。

 

審査に通って希望通りに借りられたとしても、もし返せなかったらどうなるのか・・・という心配は、誰でもお持ちのことでしょう。銀行カードローンの場合は、返済が一日でも遅れると、それ以降の借入がストップになり、債権の回収が始まるようです。消費者金融のキャッシングやカードローンの場合は、数日の遅延なら柔軟に対応してくれるケースもあるようですが、延滞損害金は間違いなく請求されます。ちなみに遅延損害金ですが、年率20.0%となっている金融会社が多いようです。

 

偶発的に今月だけ返せない、ということではなく、完全に返済のめどが立たなくなって滞納せざるを得ない、という状況なら、「任意整理」「民事再生」「自己破産」などの債務整理をする方法があります。しかし、個人信用情報がいわゆるブラックリスト扱いになり、一定期間はクレジットカードが作れない、ローンが組めない、など、それ以降の社会生活に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

これまでキャッシングやカードローンを利用した経験がないのであれば、審査の過程で不利になる要因は、これと言って無いと思われます。審査に通って利用できる可能性が十分にありますので、利息や利便性の面から自分が使いやすいキャッシングやカードローンを選んで、申し込んでみるといいでしょう。

 

収入がない専業主婦や学生の場合は、銀行カードローンの専用プランがおすすめです。主婦や学生でも、パートやアルバイトをしていて安定した収入があるなら、消費者金融のキャッシングやカードローンも申し込むことができます。

 

 

 

「キャッシングで今日借りるならキャッシングTODAY」TOPに戻る