MENU

初心者のためのキャッシング申込から借入・返済までの流れ

過去にお金を借りたことがない人から見れば、キャッシングというものは未知のワールドではないでしょうか。通常では、身近な所で他人がキャッシングを利用しているシーンにお目にかかることはまずないと思われますから、お金を借り入れるプロセスやその後の返済方法など、さっぱり想像が付かないことでしょう。

 

そこで、以下に、キャッシングビギナーでも分かる様に、申込から借入・返済までの流れ・手順を解説していこうと思います。

 

金融会社を選ぶ

キャッシングを行なう時、第一段階として、いずれの会社を選択するかを検討しなければなりません。借入限度額、金利、審査の厳しさ、返済方法など、その会社によって異なってきますから、手間を惜しまずに十分に比較検討することが肝心です。更には、会社によっては特別企画を展開している場合もあり、利率などでアドバンテージとなるケースがありますので、時折ホームページ等でウォッチしていくのがいいと思います。

 

キャッシングを申し込む

会社を選択したら、次は申込みです。申込書類に必要事項を記入し、本人確認書類や収入証明書などの求められた書類を用意して、金融会社へ提出します。来店して申し込む方法、電話で申し込む方法などがありますが、来店するのが面倒な場合や電話するのが苦手な方は、インターネット上で申込みをするのがおすすめです。

 

最近は、申込書に記入して提出する方は少数で、インターネット上での申込みが一般的になっています。ネットでの手続きなら、必要事項を入力するだけで済みますので、とても簡単です。わざわざ窓口に出かけて行かなくて済みますし、人目も気にならず、時間も節約できて、メリットが多いのがネットでの申込です。

 

審査

申込みが終了すると、すぐに審査が始まります。金融会社では、貸付していい人物かどうかを審査します。審査の項目としては、申込者の信用情報のインスぺクション、申込書類の記載漏れや虚偽記載の精査、希望借入額が適正かの評価、等が行われます。

 

金融会社や希望融資額次第で違ってくるのですが、申込みから審査完了まで数分から数時間程度かかる場合が多いようです。審査結果は、即座に申込者へメールまたは電話で伝達されます。

 

契約

審査にパスすれば、正式に契約をすることになります。契約の際にも、追加で書類を提出する場合があります。書類は、メールに添付して送ったり、郵送やファックスで送る方法があります。どういった書類を提出するのかは、前もって説明があると思いますので、間違いなく送りましょう。最近は即日キャッシングが可能な会社が多くなりましたが、即日キャッシングを申し込んだ場合は、融資が先に行われて、必要書類は後日送るというケースもあります。

 

キャッシングカードを受け取る

借り入れ契約が完了すると、すぐにキャッシングが利用可能な状態です。キャッシングをする前に、借入金を引き出すキャッシングカードを受け取ることが必要です。例えばアコムなら「キャッシング専用アコムカード」が、これに相当します。カードは、金融会社の窓口や専用ATMで発行してもらうケース、郵送で指定した場所に送ってもらうケース、などがあります。

 

融資

キャッシングカードを入手すれば、ついに融資を受ける、つまりお金を借り入れることができます。借入を利用できるスポットは、店舗窓口や金融会社専用のATMもありますが、コンビニや銀行のATMでも借り入れができることが、ほとんどです。ATMの操作はどうなっているのだろう・・・と不安かもしれませんが、いつも私達が利用しているキャッシュカードの操作とまるっきり同じです。あまりにも簡単で、お金を借りているという感覚にはならないかもしれません。

 

即日キャッシングを申し込んだ場合、カードが発行されないケースや、カードが後日届くケースがありますが、この場合は、申込の際に指定した自分の銀行口座に借入金が振り込まれることになります。

 

返済

お金を借りたら、返済をしていくことになります。審査が完了した時点で月々の返済額が提示されますから、その金額を決められた返済日までに返済していきます。返済方法は会社によってさまざまですが、口座からの自動引落し、指定口座に期日までに振り込む、店舗窓口や専用ATM、コンビニや銀行のATMでカードを利用して返済する、などがあります。

 

オススメなのは銀行口座での自動引落しで、これを選択しておけば「うっかり返済を忘れていた!」というケースを、かなり少なくすることができます。

 

 

以上のように、流れを見てみると、特に難しいことはないということが、お分かりいただけたと思います。どの金融会社も同じような手順になりますが、融資額や金利、無利息サービス等は各社で違いがありますから、自分にあったキャッシングサービスを調べて、利用を検討してみてください。

 

 

 

「キャッシングで今日借りるならキャッシングTODAY」TOPに戻る