MENU

審査の際に有利になる本人確認書類(身分証明書)とは?

キャッシングやカードローンの新たな申し込みの際に提示を要求されるのが、本人確認書類(身分証明書)です。一般に、本人確認書類としては、運転免許証、バスポート、健康保険証などを挙げることができます。

 

運転免許証やバスポートからでは、その人の職業を推測することは無理でしょう。手堅い公務員勤務も、憧れの大企業勤めも、その日暮らしのフリーターも「ただの人」としか想定することができない証明書です。

 

しかし、健康保険証だけは、その人の財力をある程度見極めることができるものです。特に、以下に提示する保険証を保有している人は、それだけで審査の際に有利になる可能性があります。

 

もし、それらの保険証を所持しているのなら、申し込みの際に運転免許証やバスポートを提示するよりも、その保険証を活用する方が好結果を生む可能性があります。

 

保険証は、その人の職業によって多彩な種類があります。中でも『公務員共済健康保険証』は、かなり有利な保険証です。次に有利なのは、サラリーマンなど多くの勤め人が加入している『社会健康保険証』です。また、職種レベルに特化した『組合健康保険証』なども有利なグループに入ります。

 

その反対に、あまりメリットのない保険証が、自営業者や無職者が加入している『国民健康保険証』です。誤解を恐れずに言うと、運転免許証と大差ないレベルのものです。しかしながら、毎月保険料をきちんと支払っているということで、ある一定の返済能力があることを証明することはできるのかも知れません。

 

ちなみに、消費者金融の利用者の8〜9割は「社会健康保険証」か「国民健康保険証」です。

 

ご存知の通り、健康保険証は本人の顔写真が貼付されていません。ですから、その悪用が目立つ証書でもあります。使用の際には、くれぐれも注意しましょう。

 

 

 

「キャッシングで今日借りるならキャッシングTODAY」TOPに戻る