MENU

パートがキャッシングでお金を借りる際の注意ポイント

キャッシングは、ひと昔前に比べると大変便利になりました。手続きも簡単にできるようになりましたし、正社員だけでなくパートやアルバイトの方でも、申し込んだその日のうちにお金を借りることも可能な時代です。

 

しかし、手続きが非常に簡単になり、気軽に借りれるようになってしまったことで、あたかもそれが自分のお金だと錯覚してしまいかねないような面があることも否定できません。自分のお金でないにもかかわらずに、カンタンな手続きをするだけで、自分の持っている口座から自分のお金を引き出すような感覚で、お金を借り入れすることができるのです。

 

忘れてならないのは、そのお金は決して自分のお金ではない、ということです。借りたお金なのですから、当然自分のお金ではありません。キャッシング会社のお金を借りているのだ、ということを忘れないことが、何よりも大切です。

 

万が一、自分のお金だと錯覚するような感覚に陥ってしまうと、自分が稼ぐお金よりも使っているお金の方が多くなっている状態に気づかなくなってしまいます。そうなると毎月の返済が追いつかなくなってきて、返済に苦労するようになる恐れがあります。

 

キャッシングの状態を把握する

 

キャッシングを利用する時に最も大切なことは、返せる範囲内でのみお金を借りることです。併せて、少しでも返済が楽になるように、少しでも金利が低くて条件の良い金融会社を選ぶことも大切です。そして、常に自分のキャッシングの状態、とくに現在の借入額、月々の返済額、そして完済までの総額と回数を把握するようにしましょう。

 

パートでの収入額にもよりますが、目安として、毎月の返済額がパートの収入の20%を超えているときは要注意と思った方がいいでしょう。借入している金額が20%を超えてしまっていたら、とりあえず20%を下回るようにキャッシングの返済額を少し増やすなど、何か具体的な対策を立てた方がいいと思います。まだ20%を越えていなくても、キャッシングを利用している現状を把握できていない人は、すぐにでも確認しておきましょう。

 

まとめ

 

各キャッシング会社のテレビCMでも流れていますが、しっかりとした返済計画を立てたうえでキャッシングを利用して、無理なく返済できる範囲で利用するようにしましょう。毎月の返済計画に沿ってしっかりと返済をしていけばキャッシング会社からの信用も得られ、融資限度額の増額などの優遇措置をしてくれるようにもなります。

 

 

 

「お金を借りる!パートの借入ならキャッシングPART」TOPに戻る