MENU

銀行カードローン

銀行カードローンとは

銀行カードローンは、大手の銀行が行っている融資です。銀行カードローンと聞くと、手堅く、信頼性が高く、安心感がある、というようなイメージを持つ人が多いでしょう。

 

特に初めての借り入れは何かと不安なものです。「できれば安心できるところから融資を受けたい!」という人は、銀行カードローンを選ぶ場合が多いようです。

 

銀行カードローン

 

銀行カードローンは、利用限度額が高く、金利が低い、という傾向があります。特に、返済金額を低く抑えたいのなら、低金利であることは大切なことです。

 

大手の銀行が取り扱っているカードローンには、例えば以下のような種類があります。

 

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • みずほ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン「スーパーローン」
  • オリックス銀行カードローン
  • スルガ銀行ダイレクトワン
  • スルガ銀行ダイレクトエース

 

消費者金融系や信販系でも、低金利の金融商品が最近出始めています。ですから、低金利の融資を受けられるのが、必ずしも銀行カードローンだけというわけではないようです。

 

銀行カードローンは、審査が厳しめ、という傾向がある点は気を付けるべきところです。他の金融機関から既に借入をしている人、収入が一定していない人などは、審査の段階で断られるかもしれません。

 

銀行カードローンの審査の詳細は、「銀行カードローンの審査」のページをお読みください。

 

銀行カードローンの詳細

 

カードローンとは、銀行などの金融機関が発行するカードを利用するローンのことです。カードを利用して、あらかじめ契約した貸出枠の範囲でCD・ATMを通じて資金を借り入れることができます。ATM・CDについては、金融機関が設置するもののほか、金融機関が提携する金融機関が設置するものを利用することができます。

 

カードを用いずにインターネットバンキングなどを利用して、ローン口座から普通預金口座への振替で資金を貸し付ける形態のみのローンもありますが、これはネットローンやネットキャッシングなどと呼ばれていて、カードローンとは異なるものです。

 

カードローンは、金融機関が指定する保証会社が保証するため、保証人は不要です。申込の際は、金融機関及び保証会社の両社が審査を行うことになります。また、審査の結果、保証会社の保証が受けられない場合は、カードローンを利用することはできません。

 

フリーター、学生、専業主婦などは、金融機関に相当の定期預金などの取引がないと信用上発行が難しいとされていますが、貸金業者が保証するカードローンでは近年、申込基準が緩和されているとも言われています。

 

返済方法は、多くの場合リボルビング払で、完済(借入残高が0円)となるまで毎月の約定返済日に口座自動振替で返済していく形となります。資金に余裕があれば、ATMで直接カードローン口座へ入金したり、リモートバンキングで自分名義の普通預金等から振替することも可能です。

 

 

 

「お金を借りる!パートの借入ならキャッシングPART」TOPに戻る