MENU

銀行カードローン 審査

銀行カードローンの審査

銀行カードローンは低金利での借入が可能であり、「銀行」という安心感があることから、最近でも高い人気があります。

 

借り入れを利用するためには審査に通ることが必要ですが、銀行カードローンの審査は、比較的厳しいと言われています。それは、低金利で融資を行い、利用限度額も高い以上、しっかり顧客の信用力を見極めなければならないからです。厳しい審査によって融資の回収率を高めることで、低い金利をキープすることができるからです。

 

返済履歴に問題がなく、現時点で他社からの借入がないか、借り入れがあっても一社までならば、銀行カードローンの審査を通過する可能性は高いようです。

 

審査では、勤続年数、勤務先の規模、雇用形態などがチェックされます。これは、安定した収入があることが重視されているからです。

 

以前は、銀行カードローンの審査には時間がかかりましたが、最近では短時間で審査結果が出るところも多く、使いやすさが増しています。

 

もし、銀行カードローンの審査で断られた場合には、信販系や消費者金融系などであれば審査に通る可能性もありますので、申し込んでみるといいかもしれません。

 

融資における個人信用情報の審査について

 

ほとんどのローンやキャッシングでは、融資を申し込む際には審査を受ける必要があります。銀行カードローンやキャッシングでお金を借りるには、どこの会社から借りるか、どの程度の融資が必要かで違いはあっても、審査を受けることが求められます。

 

必要書類に記入し、指定された書類と共に提出すれば簡単に審査は受けられます。が、予想外に厳しいこともあります。一般的に、金利が低く利用限度額が高い金融商品ほど、審査にパスすることが困難と言われています。

 

お金を借りるためには、その人の信用情報はどの程度かを審査されます。その顧客がどの程度の経済的信用度を持つかを信用情報といいます。

 

今まで金融機関などで融資を受けたことのある人の、その融資の内容や返済状況などが信用情報機関によって管理されています。個人情報だけでなく、これまでにどのような形でキャッシングやローンを利用したことがあるのか、現時点でいくらの返済金が残っているか、何社から借り入れているかなどが管理されています。

 

金融商品に関する情報なので、クレジットカードやキャッシング、ローンなどに関する記録も扱われているようです。審査の際には個人信用情報は詳しくチェックされ、返済力のある客かどうかを見定めます。

 

ちなみに、これから家や車を購入する時にローンを使えるようにしておくには、それ以外の場ではローンを組んでおかない方がいいようです。

 

 

 

「お金を借りる!パートの借入ならキャッシングPART」TOPに戻る