MENU

キャッシング 総量規制

キャッシングの総量規制

2010年にキャッシング関連の法律改正が行われました。改正貸金業法という法律が改正されたことで、キャッシングに総量規制というものが導入されました。総量規制とは、今や社会問題ともなっているキャッシングでの借り過ぎや多重債務の対策として法案化されたものです。

 

総量規制が導入されたことにより、具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。証書ローン、カードローン、キャッシングローンなどの合計金額が法律の対象となりますので、多重債務そのものができなくなったわけです。例えば、年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになります。

 

既に年収の3分の1を超える借入れがある場合は、貸金業者から新規の借入れができなくなるだけで、直ちに年収の3分の1までの返済が求められるわけではありません。

 

複数の貸金業者から借りている場合、全ての貸金業者からの借入れの合計が、年収の3分の1以内であることが必要です。年収の3分の1を超えている場合、新たな借入れはできなくなります。

 

例えば、年収300万円の方が、貸金業者Aに80万円の借入れがある場合、貸金業者Bからは、20万円(300万円×1/3−80万円=20万円)までしか借りることができません。

 

年収の3分の1を超えていると、なぜ分かるのか?

 

借入残高が年収の3分の1を超えているかどうかを貸金業者はどのようにして判断するのか、ということですが、キャッシング会社は信用情報機関への加入が義務づけられています。つまり、別のキャッシング会社でどのくらいの金額を利用しているかは、秘密にはできないことになります。

 

貸金業者からの借入残高のデータは、厳格な情報管理のもと、「指定信用情報機関」に集められることとなっています。貸金業者は、指定信用情報機関を利用し、借り手の借入残高を把握します。また、借り手の年収については、基本的には「年収を証明する書類」を借り手から受け取ることで、把握する仕組みとなっています。

 

総量規制についてのまとめ

 

総量規制の対象になるのは、新しくキャッシングをしようとする場合や、もう一度審査を受けるという場合です。今までならできるはずだったキャッシングが法律改正によってできなくなった、ということもあるようです。法律が改正される前に審査に通っていて既に融資を受けているのであれば、継続して借り続けることは可能なようです。

 

パートで働いている女性が、「総量規制は分かったけど、じゃあ自分は、結局いくらまでなら借りられるのか?」といった疑問があるときに、女性のオペレーターなら話しやすくて安心ですよね。女性だけが対応してくれるキャッシングサービスの詳細は、「レディース専用のキャッシング」のページをお読みください。

 

 

 

「お金を借りる!パートの借入ならキャッシングPART」TOPに戻る